産後太りを解消するには・・・!?

妊娠出産後に太らないための産後ダイエットのポイント

 

女性が太る原因に妊娠・出産があります。

 

実際、赤ちゃんを出産後、妊娠前の体重や体型に戻らないと悩んでいる女性は多いですね。

 

赤ちゃんを出産して女性としてではなくお母さんとして生きて行くのは寂しいものがあります。

 

また、旦那さんとの関係が上手く行かなくなる理由としても産後太りは大きい要因です。
これは旦那さんが奥さんを女性としてではなくお母さんとして見るようになるからですね。

 

そうならないためにも産後に体型や体重を戻すことはとても重要です。

 

ただし、出産後のあなたの体はとてもデリケートになっています
エネルギーや栄養も消耗しています。

 

そのため無理なダイエットは禁物ですし、出産後すぐにダイエットをはじめてはいけません。

 

体調を崩したり、ダイエットのつもりが逆に太ってしまうこともあるからです。

 

また、あなたの体調は授乳などを通して、赤ちゃんに大きな影響を与えるので、健康的なダイエットを実施することが必須の条件になります。

 

そのため、産後ダイエットにおいては低カロリーダイエットは絶対してはいけません。
1日3食、栄養のバランスを考えてしっかり摂取しましょう。

 

また、運動をはじめるのは出産後、1ヵ月〜1ヵ月半程度経ってから開始するとよいでしょう。ただし、軽い体操なら1週間経てば行うことができます。もちろん、体調が良いことが前提です。

 

さて、出産で太る原因として、赤ちゃんを出産するために、
骨盤と骨盤周りの筋肉がゆるんでしまうこと。

 

そして、妊娠期間は、お腹の赤ちゃんへ栄養補給するために通常より食事量が増えることがあります。
この増加した食事量と同じ量の食事を出産後も続けてしまうことで太ってしまうことがあげられます。

 

ですから、産後ダイエットのポイントとしては、質の良い食事をしっかりと摂取しながら、軽い体操からはじめることがベストですね。

 

ここで実施する体操としては、骨盤体操がおすすめです。
骨盤体操で、緩んでしまった骨盤をしっかりと締めてあげましょう。

 

そして、1ヵ月以上たったら筋トレやウォーキングをはじめるようにします。

 

筋トレにおいては負荷をかけ過ぎずに、回数を多くこなすのがダイエットのための筋トレのコツです。
負荷が重すぎると筋肉が大きくなってしまい余計太ってしまい痩せにくくなってしまいます。