酵素ダイエットの特徴と効果

ダイエットにおける栄養の基本は酵素から

最近、酵素サプリメントや酵素飲料(植物発酵飲料)が話題になっています。

 

これまで日本の栄養学においては酵素は体内で作られることから、
酵素を栄養素として取りあげてきませんでした。

 

しかし、海外ではスーパーマーケットのサプリメントコーナーで、
気軽に購入できるほど一般化している栄養素です。

 

酵素には、大きくは3種類に分類することができます。
それが次に3つです。

 

  • 消化酵素
  • 代謝酵素
  • 食物酵素

 

消化酵素

消化酵素(しょうかこうそ)

 

消化酵素とは、食べた物(摂取した物)を、体が吸収できる分子レベルまで小さく分解する働きをもつ酵素です。

 

体内で作られる消化酵素(すい臓から分泌される膵液に含まれる)と食物(生物)や酵母菌や麹菌などの細菌が作り出す消化酵素成分がありますが、ここで言う消化酵素は体内で生成される消化酵素を言います。

 

消化酵素が不足すると、食物を消化する力がよわくなりますので、胃もたれ、消化不良などの不快の症状をお越しやすくなりますし、食物をしっかりと消化できないことから、カロリーは取れても、ビタミン・ミネラル、アミノ酸、抗酸化物質などを吸収できるレベルまで消化できないことになります。

 

代謝酵素

代謝酵素(たいしゃこうそ)

 

代謝酵素は、消化酵素と共に体内で作られる酵素で、数千種類と言われる種類の酵素が存在します。
これらの酵素は各々働きが異なり、1つの酵素が1つの働きをになっています。

 

代謝酵素の働きとは、体内のさまざまな化学反応を媒介するということです。

 

つまり、代謝酵素がなければ体内での化学反応は成り立たないと言え、とても重要な酵素なのです。
代謝酵素の働きとしては、新陳代謝、身体(細胞・組織・器官)の再生・修復などがあります。

 

 

食物酵素

食物酵素(しょくもつこうそ)

 

食物酵素は、食べ物(生物)に含まれている酵素のことを言います。

 

食物酵素は、体内で作られる消化酵素による消化が行われる前の事前消化や消化酵素の働きを補ってくれる大切な酵素です。

 

そのため食物酵素を含んだ食品は消化が良いだけでなく、体内で消化酵素の消費を防いでくれるものとなります。

 

 

 

さて、体内で生成できる酵素量にはかぎりがあります。

 

体が作り出す酵素量はわかりやすく言うと、次の式で表すことができます。

 

体内で生産できる酵素量 = 消化酵素 + 代謝酵素

 

つまり、消化酵素の生産量が増えれば、その分、代謝酵素の生産量が減ってしまうということなんですね。

 

このため消化酵素を大量に消費するような食生活を送っていると、新陳代謝などを担う代謝酵素が不足するため、太りやすい体になってしまうわけです。

 

しっかりと代謝酵素が生産されていれば新陳代謝が旺盛であるので、太りにくくなるとも言えるわけです。